【ワードプレス(WordPress)】記事に目次を入れる方法!




こんにちは、かつコーチです。

いろんなWebサイトを見ていると、記事に目次がついていますよね。

記事を見やすく目次をつけたいなぁ。。。

ということで、どうすれば良いのかGoogle様で調べると、

多くのサイトで、

プラグインの「Table of Contents Plus 」

をおすすめしているので、早速導入してみました。

プラグイン「Table of Contents Plus」を新規追加する

まずは、ダッシュボードのプラグインから「新規追加」をクリック

そこで、「Table of Contents Plus」を検索して、インストールします

勿論、ちゃんと有効化しましょう

自動生成できるように編集する

次に、インストールしたプラグインを自分なりに編集します。

ダッシュボードの「設定」から「TOC+」をクリック

そうすると、以下のような画面になります。

ここからは、自分の好みですが、順番に。。。

「位置」は、要するに配置する場所のことで、

文章の「起承転結」の中で配置場所を変えられるということ。

基本的には、「最初の見出しの前」で良いでしょう。

「表示条件」は、自動生成する条件のことで、

「3つ以上」とか「4つ以上」とかお好みで良いでしょう。

つまり、3つにすると、「3つの段落を作ると、自動生成しますよ」ってことです。

僕は「3つ以上」にしました。

次に、「以下のコンテンツタイプを自動挿入」は、いろいろありますが、

「post」は普通の記事で、「page」は固定ページのことですね。

ここも通常は、「post」にチェックで良いでしょう。

次に、「見出しテキスト」ですが、、、

要するに、「目次」って書いてあるところをどうしますか?ってことですね。

例えば、「コンテンツ」、「contents」などですね。

僕は、「目次」にしました。

「階層表示」と「番号振り」は、これがないとどこの記事か分かりにくいので、

チェックしておいて良いでしょう

「スムーズ・スクロール効果の有効化」ですが、

「階層や番号を付けたところまでジャンプしますか?」、

それとも「シュルシュルシュル~ってスクロールしますか?」

ってことですね。

ここはお好みで良いと思います。

人によってはジャンプする方が良いかもしれませんが、

僕は、シュルシュルシュル~が面白いので、チェックしました(笑)。

最後に、「外観」ですが、ここはもう好みですね。

カスタム設定できる人はどうぞ。

僕はカスタム設定なんてできないので、「水色」にしました。

後は、「変更を更新」をクリックします。

記事を確認する

最後に、記事を確認してみましょう。

「おぉ~~~!!!素晴らしい!!!すげぇ~~~\(◎o◎)/!!!!」

知っている人にとってはなんてことなくても、初心者には感動(笑)。

でも、手書きしていた番号が二重になってるね(笑)。

後で訂正します((+_+))。

まとめ

以上、今回は記事中に「目次」を入れてみました。

これから始める人の参考になれば幸いです。

少しずつ慣れて来ましたが、僕もまだまだ初心者。

でも、初心者だからこその経験も書けると思います。

新しい機能をいろいろ試して、Webサイトを充実させていきたいですね。

もっとわかりやすく説明できないかも、日々奮闘中です。

一緒に頑張りましょう(^_-)-☆!