【投資】投資をする際の注意点をご紹介!




こんにちは、かつコーチです。

僕は、昨年より投資をしていて、その理由は以下の3点から。

  • 預貯金の金利なんて期待ゼロ
  • 年金なんてもらえる気がしない
  • 保険なんて信用できない

そういう思いから、自分のお金くらい自分で管理して、育てようということで、

昨年より投資を始め、現在約100万円ほど投資しています。

全く無知だった状態からやってみていろいろと感じることもありますが、

一番は「もっと早く初めておけば良かった」ということです。

投資をしていて何が一番良いかって、経済のことがよく見えるようになったことです。

そんな僕が、今回は投資をする際の注意点をご紹介します。

少額投資はあまり意味がない

いきなりですが、はっきり言って少額投資はあまり意味がありません。

理由は少額投資しても何も人生は変わらないからです。

少額投資するくらいなら、自己投資した方が良いです。

例えば、年利3%で考えたとすると、

  • 毎月1,000円投資 → 10年後19,741円のリターン
  • 毎月10,000円投資 → 10年後19,7414円のリターン
  • 毎月100,000円投資 → 10年後1,974,142円のリターン

(これらは、金融庁のWebサイトから容易に計算できます。)

こうして見ると毎月1,000円投資を10年間続けて約1.9万円しか増えないって、

めちゃくちゃ少なくないですか(笑)?

それくらいならバイトした方が早いですよね。

一方で、毎月100,000円投資だと190万円くらい増えるってことを考えると、

毎月10万円投資は結構キツいですが、増える額も多いです。

だから、少額投資ってあまり意味がないです。

もし少額投資でお金を稼ごうと考えているならしない方がマシです

でも、お金について学びたいとか、投資経験を積みたいって考えているなら、

やっても良いと思います。

貯金として眠らせておくのは思考停止

それなら、定期預金などで貯金しておけば良いのかって話ですが、

貯金として眠らせておくのは、思考停止の始まりです。

基本的に貯金していてもお金は増えないし、何のメリットもないです。

今の日本の現状を考えると、0.001%の金利とか増えないのと同じですよね。

また、貯金していても自分が明日死んだら、そのお金は全て無駄ってことになります。

それならば投資に使った方が良いです。

でも、貯金している全部のお金を使うのは危険だし怖いです。

だから、投資は余剰資金でするのが一番です。

お金は以下の3つに分けて管理しよう。

  • 直近で必要なお金(1年分くらい)
  • 緊急で必要なお金(3ヶ月から半年分くらい)
  • 余剰資金

そして、この余剰資金があるなら、投資するべきです。

金融投資か自己投資か?

投資には、金融投資と自己投資があります。

金融投資

金融投資は、株式取引やFXといった投資のことです。

投資の仕方にはいろいろありますが、基本的には2種類。

  • インデックス投資
  • アクティブ投資

インデックス投資は投資の基本で、分散投資です

リスク回避のためにも初心者はインデックス投資が基本です。

アクティブ投資はガンガン積極的に投資していくので、ハイリターンを得られますが、

その分リスクも大きくなります。

したがって、投資慣れした方や、お金に余裕がある方向きと言えます。

自己投資

一方で自己投資は、何かを学ぼうと本を買ったり、スクールへ通って見たり、

旅をするのも自己投資です。

例えば、侍エンジニア塾コードキャンプといったプログラミングスクールに数か月通って、

今よりも稼げるようになれば1.9万円くらいあっという間に稼げるし、

自分にスキルが身につくのでプラスの面が大きいです。

また、旅に出て海外の文化に触れるとか、そういった経験は実際に行かないと味わえないものです。

だから、少額投資するくらいなら、自己投資した方が圧倒的にメリットがあります。

金融投資をしたいなら、ある程度稼げるようになってからでも遅くはないです。

もし少額投資したいのであれば、「稼いでやる!」とか思ってしないことです。

お金や投資について学びつつ、稼げるようになったら、本格的に投資しようと考えるなら良いでしょう。

少額投資をするならロボアドバイザーがおすすめ

少額投資をするならば、最初の内はロボアドバイザーでの資産運用が良いでしょう。

ウェルスナビ(WealthNavi)

最も有名なのは、今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」 です。

10万円から投資がてきて、お金を入れて放置しておくだけでオーケー。

後は、アルゴリズムを駆使して作られたAIが勝手に投資をしてくれます。

初めて投資する人にとっては便利です。

どれくらいの期間、どれくらい預けたら、どれくらい増えるのかも無料で診断できます。

WealthNavi の概要、無料診断、申込などはこちらから(↓)

テオ(THEO+docomo)

1万円から投資できるTHEO+docomo というのもあります。

こちらはdocomoとも提携していて、投資すればdポイントも貯まるのでお得です。

最近、CMでもよくやっていて話題になっていますね。

1万円からできるので、誰でも気軽に始められるのが特徴的です。

THEO+docomo の概要、申込はこちらから(↓)

THEO+docomo

フォリオ(FOLIO)

もうちょっと投資の感覚をつけたいのであれば、テーマ投資で注目されている、

FOLIO が良いでしょう。

こちらも1万円から投資ができて、ゲーム感覚でできるのも面白いです。

以前は10万円からでしたが、ミニテーマというのが登場し、1万円からできるようになりました。

松本人志さんのCMでも話題になっていますね。

FOLIO の概要、申込はこちらから(↓)

FOLIO

それらを経験したら、楽天証券やSBI証券と言ったところで口座を開設して、

本格的に投資を初めても良いでしょう。

ただし、本格的に始めるとなるとそれなりに資金が必要になるので、

少額投資では難しいでしょう。

自己投資するならプログラミングがおすすめ

一方で自己投資するならば、高いホテルに泊まってみたり、旅に出るのも良いですが、

僕がおすすめするのは、プログラミングを身につけてしまうというもの。

インターネットの革命によって、プログラミングスキルは今後さらに必要になります。

2020年春からは小学校での必修化が決定したので、より加速するでしょう。

また、プログラミングは人材不足が必至なので、稼げる環境に間違いない。

プログラミングスクールというと高いだいたい20万~50万円くらいかかるので、

高いイメージがあるが、日本のプログラミングスクールは基本的に超安い。

海外とかだと数か月で100万円とかかかるので、それを考えれば安いです。

お金の面でハードルが高いと感じる方は、

と言ったオンライン学習サイトもあるので、活用してみると良いでしょう。

当サイト内参考記事:【プログラミング初心者】初心者におすすめするプログラミング学習サイト10選!

一方で、プログラミングスクールはたくさんありますが、いきなり入会したりせず、

しっかり自分に合ったところを探しましょう。

僕がおすすめするのは、圧倒的な結果とサポート体制がしっかりしている、

のどちらかをおすすめしていますが、向き不向きもあると思います。

こちらも当サイト内でも紹介しているので、参考にしてください。

当サイト内参考記事:【プログラミングスクール】初心者におすすめ!どこでも学べるプログラミングスクール8選をご紹介!

プログラミング学習は生涯学習で終わりはないです。

ちなみに、僕も侍エンジニア塾を受講しています。

ゲーム感覚でスキルが身に着くのでおすすめです。

どこのプログラミングスクールもだいたい無料体験レッスンをやっているので、

「無料」なので一度受講してみることをおすすめしています。

侍エンジニア塾の概要、無料体験レッスンはこちらから(↓)

コードキャンプの概要、無料体験レッスンはこちらから (↓)

まとめ

以上、今回は投資をする際の注意点をご紹介しました。

僕は「お金や投資について学びたい」という理由からやっていて、

「稼いでやる!」とか全く思ってないです。

僕も少し前まではお金について全然知りませんでした。

お金について知るために、いろんな本を読み漁りましたが、

以下の本が一番わかりやすかったです。

それを読んだ上で、自分のお金なので、しっかり管理したいと思うようになり、

自分で使うだけでなく、育てることが大切だと思うようになりました。

今、思えば「もっと早く投資すれば良かった」と思っています。

投資に関する本としては、以下の本が参考になりました。

最初、「~するな!」に「ん!?」って思いましたが、

要はちゃんと理解した上で投資しなさいってことです。

その意味では読んでおいてとても参考になりました。

投資は、金融投資と自己投資、どちらも大切だと思います。

これから投資を始めようと思っている方の参考になれば幸いです。