【与論島】ヨロンマラソンってどうなの?基本情報をご紹介!




こんにちは、かつコーチです。

僕は与論島に3年住んでいました。

その経験をいかして与論島の情報発信をしています。

さて、毎年3月の第一日曜日に開催されるヨロンマラソンの申込が始まりました。

皆さん、申し込んだでしょうか(笑)?

まだヨロンマラソンに出たことがない人、これから出てみたいと思っている人、

いや~そもそもヨロンマラソンを知らない人、そんな人へ向けて、

今回は、ヨロンマラソンの全てをご紹介します。

ヨロンマラソンとは?

ヨロンマラソンとは、鹿児島県最南端の島、与論島で開催されるマラソン大会です。

フルマラソンとハーフマラソンがあり、毎年約1,000人が出場する大会で、

過去30回ほど開催されている歴史のある与論島の一大イベントです。

でも、公式マラソン大会ではないです(◎_◎;)。

だから、楽しむことが大事です(笑)!

勿論、島民だけでなく、島外の人たちもたくさん出場します。

このヨロンマラソンを愛する人が多く、毎年出場される方もいます。

世界一綺麗な海と断言する与論島の海を眺めながら、出場してみませんか(笑)?

実際の感想

まず、実際の感想ですが、相当キツいです(笑)!

与論島は一周が約23㎞と小さな島ですが、その小ささとは裏腹に起伏が激しく、

プロのマラソンランナーも悲鳴をあげるコースになっています。

この坂、伝わるでしょうか(笑)?

綺麗なひまわりとは違って、この坂は地獄です。

「フルマラソンで行けるぜ!」って軽い気持ちで出場すると大変な目にあいます(笑)。

初めて出場するときは、ハーフマラソンがおすすめです。

でも、前夜祭と完走パーティは超楽しいです。

もはやお祭り騒ぎです(笑)。

これを楽しみに来ている人もいるくらいです。

また、毎年女優の「谷川真理」さんが一緒に走ってくださいます。

しかも速い(笑)!

ヨロンマラソンは、マラソンだけでなく、楽しみも多いのです。

ヨロンマラソンの概要

ヨロンマラソンの概要はこちら。

この度、ヨロンマラソンの公式Webサイトができたので、

詳しくはこちらからご覧ください。

ヨロンマラソン公式サイト

コース一覧

コースは、フルマラソンとハーフマラソンがありますが、次のようばコースです。

レビュー

では、過去に何度か出場している僕の体験談をご紹介します。

前夜祭からヤバい!

まず、前夜祭から既にヤバいです(笑)。

ランナーは前日入りするのですが、歓迎するために、島をあげて前夜祭が開催されます。

町民体育館のサビチラ館で開催され、地元食材を使った夕食が提供されます。

しかも、前日だというのに、お酒が(笑)。

た、楽しいのですが、飲み過ぎには注意しましょう。

大会当日

当日、前日の騒ぎとは思えないほど、朝早くからランナーが準備を始めます。

でも、このマラソン、、、普通ではない!

そう、実は仮想しながら走っても大丈夫なんです(笑)!

だから、仮想衣装を着ながら走っている人がたくさんいます。

9:00にフルマラソンがスタート、11:00にハーフマラソンがスタートします。

走り出すとわかるのですが、島民が島をあげて応援してくれます。

給水所も3㎞おきに設置されていて、なんとヤギ汁を出している地点もあります。

マラソン大会なのに、ヤギ汁って(笑)。

最近、雨が降る日も多く、応援する側も大変ですが、

ランナーのため、子供たちも一緒になって応援してくれます。

仮想した人たちは、基本的にハーフマラソンに出場していることが多いのですが、

10㎞付近で既にダウンしている人もちらほら(笑)。

そして、頑張った先にはゴールが待っています。

ゴールすると、地元の子供たちが作った完走メダル、完走Tシャツ、完走証がもらえます。

また、足の疲れをほぐしてくれるマッサージもやってくれますよ。

感想パーティーはもっとヤバい!

そして、走り終わった後は、日が暮れる頃から、完走パーティーが開催されます。

でも、これが一番ヤバい!

最初は主催者の挨拶から始まって、静かに進むのかと思いきや、

与論のシンガーソングライター「川畑あきら」のライブが始まると、

いつの間にかお祭り騒ぎになってしまいます。

この後、勿論島の居酒屋はほとんど満席になります。

夜遅くまで飲み歩くランナーも多く、島の賑わいがまた楽しいです。

マラソン翌日

早い人はマラソン当日に帰ってしまう人もいるのですが、

多くの人はせっかく来たのだからと、ヨロンマラソンの翌日は、

与論島の観光を楽しんで帰って行きます。

マラソンに加えて、観光をしていけるとは一石二鳥ですね。

海はというと、若干まだ寒いかもしれませんが、

晴れた日には、十分入れるくらいの温度ですよ。

まとめ

以上、ヨロンマラソンについてご紹介しました。

これがヨロンマラソンです。

走るのは大変ですが、前夜祭、そして、完走パーティーが楽しすぎます。

興味がある人は是非出場してみてください。