【FP】ファイナンシャルプランナー(FP)ってなに?




こんにちは、かつコーチです。

今回は、ファイナンシャルプランナーについてご紹介します。

僕は今、11月1日から社会保険労務士の資格取得を目指して勉強中です。

そして、ファイナンシャルプランナーの資格取得も目指して勉強中です。

社会保険労務士を目指しているのに、

「ファイナンシャルプランナーも取得したいって大丈夫なの?」と思うでしょう。

でも、あるとき思ったのです。

管理人

お金や保険ってよくわからなかったけど、
見直して、自分で管理したいなぁ。。。

それから、何か学べるすべがないか探していると、

「ファイナンシャルプランナー(FP)」というのを発見しました。

調べてみると、社会保険労務士と共通する部分も多く、

これから試験までの期間を考えると、ステップにもなると思ったのです。

そこで、今回はファイナンシャルプランナー(FP)についてご紹介します。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは何

では、ファイナンシャルプランナー(FP)とは何なのか?

FPとは、Financial Plannerの略語で、

ライフプランを実現すべく、資金計画を立てる専門家のことを言います。

簡単に言うと、将来設計を行うアドバイザーのような立場です。

その為、幅広い知識が必要となります。

なぜなら、相手によって立場が異なるからです。

例えば、Aさんの保険は「ア」というプランだけど、

Bさんの保険は「イ」というプランだと、ライフプランが違って来ます。

そうなると、保険や年金の知識が必要になります。

弁護士は法律のスペシャリストであり、

税理士はお金や金融関連のスペシャリストであり、

社会保険労務士は保険や年金のスペシャリストですが、

ファイナンシャルプランナー(FP)は全てを知る必要があるということです。

表にするとこんな感じですね。

  法律 金融関連 保険や年金
FP
弁護士
税理士
社労士

要は、浅く広い知識が求められるということですね。

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は主に2種類あります。

1つは、日本FP協会が認定するAFP資格で、厚生労働大臣認定の国家資格です。

もう1つは、FPの頂点ともいえるCFPという世界で認められた資格です。

一般的にはファイナンシャルプランナー(FP)の資格というと、

AFPの方を指します。

AFPの資格は、3級、2級、1級とありますが、3級から2級、2級から1級となれば、

各分野もより深くなるので、浅い部分がより深くなり、

その分知識が必要になって来ます。

そういった意味では、自分の人生設計は自分でできるようになるには、

最適のものだと思います。

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は、

FP協会のWebサイトから直接申し込めます。

Webサイトはこちら → FP協会

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格における主な内容

FPの勉強内容は主に6つのカテゴリーを学びます。

ライフプランニングと資金計画 ライフプラン、社会保険、年金について
リスクマネジメント 生命保険、損害保険について
金融資産運用 お金、経済、銀行、株について
タックスプランニング 税金について
不動産 土地について
相続・事業承継 相続について

もっと細かい部分がありますが、簡単にいうとこんな感じですね。

ファイナンシャルプランナー(FP)の受験資格

受験資格は特にありませんが、

2級を受けるには3級の合格が必要で、

1級を受けるには2級の合格が必要です。

これはどの資格でも言えることかと思いますが、

上に行けば受験資格が必要となりますね。

だから、スタートはみんな3級になります。

ファイナンシャルプランナー(FP)の勉強方法

勉強方法は、スクールか独学かですね。

スクールの場合は、TACや大原、LEC、ユーキャンなどを中心に数多くみられます。

「独学ではどうしても~。」という方は、スクールを利用するのも良いでしょう。

一方、独学の場合は、主に一般に販売されている書籍で勉強します。

勉強の仕方はそれぞれですが、独学はわからないことがあったら、

自分で解決しなければいけないので、それなりに覚悟はいります。

僕はこの2冊のみでいきます。

 

まとめ

以上、ファイナンシャルプランナーについてでした。

勉強を始めて間もないですが、

試験日は1月27日なので、2ヶ月ちょいしかありません。

果たしてちゃんと合格できるかどうか( ;∀;)。

僕は現在、上の書籍でタックスプランニングまで勉強しました。

まだまだ分からないことだらけですが、頑張ります(^_-)-☆。