【与論島】与論島おすすめ観光スポット10選+αをご紹介!

琴平神社




こんにちは、かつコーチです。

僕は与論島に3年間住んでいました。

その経験をいかして、与論島の情報を発信しています。

前回は、与論島のおすすめビーチをご紹介しました。

その記事がこちら。

当サイト内参考記事:【与論島】与論島おすすめビーチ10選をご紹介!

では、ビーチ以外には何があるのか?

今回は、そのビーチ以外の観光スポットをご紹介します。

与論島といえば、百合ヶ浜や綺麗なビーチを思い浮かべると思いますが、

それ以外にも見所はたくさんあります。

島ならではの体験メニューはとても魅力的です。

島の人と仲良くなって、思い出作りにどうでしょうか?

サザンクロスセンター(琴平神社)

琴平神社

まずは、船で与論島に着くとき、最初に見える高台にある展望台、

おそらく気になる方も多いことでしょう。

それがここ「サザンクロスセンター」です。

展望台からは島を一望できますし、内部は与論島の歴史を知ることができます。

映画「めがね」で実際に使用された自転車なども展示しています。

映画「めがね」は与論島を舞台にした映画ですが、

知らない方は是非見てみてください。

 

サザンクロスセンターに併設している、「ゆんぬ体験館」では、

ジャム作りやデコフレーム作りなど、島を体験できるメニューがそろっています。

琴平神社

また、隣には琉球北山王朝の支城であった与論城跡(琴平神社)があり、

ここでは重要無形民俗文化財に指定されている、与論十五夜祭が開催されます。

十五夜祭は、豊年祭として年3回(旧暦の3月15日、8月15日、10月15日)に、

開催されるのですが、見れた方はラッキーです。

その日に狙って行ってみるのも良いと思います。

普段見れない与論島の姿を目にすることができます。


サザンクロスセンターの場所一覧はこちらです。

郵便番号 891-9302
住所 鹿児島県大島郡与論町立長3313
電話番号 0997-97-3396
営業時間 9:00~18:00
料金 高校生以上:400円 小中学生:200円
休み 年中無休

B&G与論海洋センター

B&G

次に、ご紹介するのが、「B&G与論海洋センター」です。

写真を見ての通り、ここの海の透明度は島でも屈指の透明度を誇ります。

そして、ここは何があるかというと、海のレジャーを楽しむことができるところです。

シュノーケリングやSUP(サップ)、カヌーなど様々な海のレジャーを楽しむことができます。


B&G与論海洋センターの場所一覧はこちらです。

郵便番号 891-9301
住所 鹿児島県大島郡与論町茶花2466-1
電話番号 0997-97-5033
営業時間 9:00~17:00
料金 各コースによる
休み 月曜日

与論島民俗村

(そういえば写真撮ったことない(笑)!)

与論島民俗村は、屋外民俗資料館となっていて、昔の民家をそのまま再現しています。

少し昔までこういう暮らしをしていたのかと驚かされます。

堅苦しい資料館みたいな感じはなく、アットホームな感じで楽しく、

島のことを紹介してくれます。

島の暮らしと文化を知ることができる場所としておすすめです。

また、芭蕉織や黒糖作りなどの体験教室もやっています。


与論島民俗村の場所一覧はこちらです。

郵便番号 891-9300
住所 鹿児島県大島郡与論町麦屋693−2
電話番号 0997-97-2934
営業時間 9:00~18:00
料金 中学生以上:400円 小学生:200円
休み 年中無休

赤崎鍾乳洞

赤崎鍾乳洞は、与論島がサンゴでできた島だということがわかります。

他の鍾乳洞に比べて規模は小さいけど、自然の彫刻を見ることができます。

途中、外へ繋がっている道もあって驚きます(外には出られません)。

騙されたと思って行ってみてください。

探検感があって面白いですよ。

尚、たまに管理人さんがいないので、いないときは携帯電話にかけてください。

この緩さが島ならではです(笑)。


赤崎鍾乳洞の場所一覧はこちらです。

郵便番号 891-9300
住所 鹿児島県大島郡与論町麦屋678
電話番号 0997-97-2069 (不在時:080-6428-6530)
営業時間 9:00~18:00
入館料 中学生以上:500円 小学生:200円
休み 年中無休

舵引きの丘

舵引きの丘

「舵引きの丘」は、与論島誕生の神話が残る場所です。

与論島はここから始まったそうで、その経緯も知ることができますが、

ここは見晴らしがよく、沖縄や沖永良部島などを見渡すこともできます。

風通しがよくて、心地よい風が吹く場所なので、

お昼時になると、島の人がたまに休憩していますよ(笑)。


舵引き丘の場所はこちらです。

鳩の湖

ハトの湖

鳩の湖は、「日本一小さい湖」!?

いえいえ、地元の人曰く、与論島で「湖=水溜まり」を意味するそうですが、

いつの間にか「日本一小さい湖」として認知されてしまったそうです(笑)。

この辺りの海はとても綺麗で、干潮時には、「鳩の湖」の奥にある、

秘密のビーチへ行くことができます。

鳩の湖

また、反対側へ行くと、大金久海岸のヨロンブルーを一望できるところがあります。

インスタ映え間違いなしですが、周りの岩はサンゴでできています。

足元には気をつけてくださいね。


鳩の湖の場所は以下の通りです。

コーラルウェイ

コーラルウェイは、与論空港からほど近い場所にある、白い砂の道です。

蒼い海と、青い空に向かって伸びる道は、絶景です!

滑走路と並行している為、飛行機の離発着も間近で見ることができます。

そして、実はこの道の途中から少し入ると、秘密のビーチがあります。

一般の観光客はまず目にすることがないビーチなので、探してみてください。


コーラルウェイの場合はこちら。

ヨロン

ヨロン駅は、与論空港の近くにあるのですが、「ヨロンに駅!?」って思いませんか?

でも、あるんです!そう!銀河鉄道という名の駅が(笑)!

これを考えた人は凄いですよね。

実際には鉄道はありませんが、立派な駅があって、ここで見る星空は感動しますよ。

最近、綺麗に整備されて、真横のビーチへ行けるようになりました。

また、ビドウ(尾道)と呼ばれる遊歩道があり、散歩道として整備されています。

夕日のスポットとして人気があり、ここから見る夕陽は格別です。

あのグリーンフラッシュが見られるかもしれませんよ!

尚、ビドウは与論港まで繋がっているのですが、結構距離があるので、

行きすぎると、戻って来るのが大変なので注意してください(笑)。


ヨロン駅の場所はこちらです。

按司根津栄神社

これ、なんて読むか分かりますか?

「按司根津栄神社=あじにっちぇーじんじゃ」と読みます(笑)。

まさに謎ですが、由緒ある神社で、与論の英雄が祭られています。

与論島ではマイナーな神社かもしれませんが、地元の人にとっては大切な神社です。

少しわかりにくいですが、是非行ってみてください。


按司根津栄神社の場合はこちら。

そこでもドア

こっ、これは!?

どこでもドアならぬ、そこでもドアです(笑)。

最後にここをご紹介しておきます。

与論島には助産師がいなかったのですが、個人で始めた方がいます。

その案内板として立てているのですが、なんとも面白い。

場所は、、、秘密です(笑)。

与論島に来て探してみてください。

ヒントは「古里」という地区にあります。

インスタ映え間違いなしの、このドアを見つけてください(笑)!

その他

これまでにご紹介した他にも与論島には、たくさんの観光地があります。

簡単にご紹介します。

ゆんぬ・あーどぅる焼窯元

郵便番号 891-9307
住所 鹿児島県大島郡与論町909
電話番号 0997-97-5155
営業時間 9:00~16:00 (陶芸体験:10:00~14:00 (要予約))
料金 見学無料 (陶芸体験:2,160円+送料)
休み 金曜日(7、8月は無休)

いっちゅう本館最南端の大島紬織元

郵便番号 891-9301
住所 鹿児島県大島郡与論町茶花1015
電話番号 0997-97-3188
営業時間 9:00~18:00
料金 2,000円/時間
休み 水曜日

貝工房かざはな

郵便番号 891-9306
住所 鹿児島県大島郡与論町東区1294
電話番号 0997-97-3032
営業時間 9:00~18:30
料金  
休み 年中無休

有村酒造株式会社

郵便番号 891-9301
住所 鹿児島県大島郡与論町茶花226-1
電話番号 0997-97-2302
営業時間 9:00~17:00
料金 見学無料
休み 日曜祝祭日

※与論島唯一の酒造会社で、黒糖焼酎の島有泉はこちらです。

まとめ

以上、今回は、与論島のビーチ以外の観光スポットをご紹介しました。

百合ヶ浜や綺麗なビーチは勿論ですが、それ以外にも与論島には魅力がいっぱい!

是非、与論島を楽しんでください。

これから与論島へ行かれる方、行こうかと考えている方の参考になれば幸いです。