【コーヒー】コーヒーの種類について調べてみた




こんにちは、かつコーチです。

マイコーヒー器具を購入して、20日ちょいですが、毎日コーヒーを入れて練習しています(笑)。

練習していて、疑問に思った。

管理人

コーヒーの種類っていったいどれくらいあるだろうか。。。

ということで、今回は、コーヒーの種類について調べてみたので、まとめてみました。

豆の種類

コーヒー豆の種類と言っても、区分、生産地、焙煎度と奥が深い。

簡単にまとめました。

コーヒーの区分

コーヒー豆の区分は主に4区分ある。

簡単にいうと、こんな感じ。

スペシャルティコーヒー 最も高品質な豆
プレミアムコーヒー 高品質な豆
コマーシャルコーヒー 一般的な比較的品質のよい豆
ローグレードコーヒー 安いレギュラーコーヒー

生産地

生産地は、赤道付近が多いですね。

他にもあるかもしれません。

中米エリア ブラジル ホンジュラス ボリビア
  グアテマラ コロンビア ドミニカ共和国
  パナマ ニカラグア コスタリカ
  エクアドル エルサルバドル ジャマイカ
太平洋エリア インドネシア ハワイ  
アフリカエリア ケニア タンザニア エチオピア
  ルワンダ    

焙煎度

焙煎とは生の豆を煎ることで、焙煎度とは加熱の程度を表す言葉。

めちゃくちゃあってややこしい(笑)。

深煎り イタリアンロースト フレンチロースト
中深煎り フルシティロースト シティロースト
中煎り ハイロースト ミディアムロースト
浅煎り シナモンロースト ライトロースト

抽出の種類

抽出方法もたくさんあるようですね。

ペーパードリップ

手軽さとクリアな液質が人気で、最もポピュラーな抽出方法。

器具のタイプによる違いもあるようです。

フレンチプレス

フランスで流行した為についた名前で、主にヨーロッパでは一般的な抽出方法。

初心者でも簡単で、コーヒーの味がダイレクトに楽しめるようです。

ネルドリップ

ネルドリッパーと呼ばれる袋状になった織物を取り付けたドリッパー。

まろやかで厚みのある質感の仕上がりになるようです。

金属フィルター

ドリップ式でコーヒーオイルを抽出できるもの。

次世代のコーヒーツールで、破損しなければ半永久的に使えるようです。

サイフォン

アルコールランプで科学的な原理で煎れる方法。

ほのかな粘性が魅力のようです。

エスプレッソマシーン

高圧で成分を抽出する機会で、濃厚な味わいと香りが魅力。

コーヒー好きなら一度は手にしたい一品。

でも、高価(笑)。

マキネッタ

簡単に言えば、手動エスプレッソマシーン。

イタリアの家庭ではポピュラーな抽出器具のようです。

アレンジの種類

エスプレッソ

正式には、カフェ・エスプレッソ

圧力で抽出するコーヒーのことで、香りが高く、口当たりのいい味わい。

全てのコーヒーのベースとなるもの。

何も知らずにお店で「エスプレッソお願いします」と注文して、いざコーヒーが来たと思ったら、「え?こんな小さいの!?そして、濃い!」って思ったことはないですか?

僕はあります(笑)。

まだコーヒーを全く知らない頃に、しかも多々(笑)。

まさに、それがエスプレッソです。

定番アレンジコーヒー

次は、お店に行けばよく見かける3種類。

カフェ・オ・レ、カフェ・ラテ、カプチーノですが、一体何が違うか分かりますか(笑)?

カフェ・オ・レ

コーヒーとホットミルクの割合が 1 : 1 のもので、優しい味わいがする。

カフェ・ラテ

エスプレッソをワンショット(30cc)ほど入れて、ミルクをたっぷり注いだもので、ミルクの割合が多いのが特徴的。

カプチーノ

カフェ・ラテよりもミルクを泡立てて倍量の泡をつくったもので、ふわふわ感を一番楽しめるのがこれ。

その他のアレンジコーヒー

アメリカーノ

お湯の入ったカップにエスプレッソを注いだもので、本来のエスプレッソよりも口当たりがマイルドにしたもの。

マキアート

カフェ・ラテよりエスプレッソの量を多くしたもので、「キャラメルマキアート」とかがよく知られている。

カフェ・モカ

エスプレッソにチョコレートシロップを入れて、カフェラテのようにホットミルクを注いだもの。

まとめ

以上、コーヒーの種類についてでした。

コーヒーのアレンジについては、調べたところ30種類以上あって、まだまだ知らないものもありそう(笑)。

やり方が難しそうなものから、できそうなものまでたくさんありますね。

ラテアートはやってみたいので、