【与論島】与論島おすすめビーチ10選をご紹介!

百合ヶ浜




こんにちは、かつコーチです。

与論島に3年住んでいた経験から、与論島について紹介しています。

今回は、与論島のビーチについてご紹介します。

与論島には、地元の人曰く、60以上ものビーチがあるそうです。

その全てを制覇するのは困難ですが、

自分だけのビーチを探してみるのも良いでしょう。

その中でも、与論島に来たら、「とりあえずここ行っとけ!」っていう、

おすすめのところを10ヶ所ご紹介します。

ランキング形式ではなく、与論へ来たときに一番回りやすいように、

町の中心部茶花から時計回りにご紹介します。

茶花海岸

茶花海岸

まず、与論島へ着いたら、一番最初に目に入るビーチが、茶花海岸です。

茶花海岸は、町の中心部に一番近く、中心部に近いのに、この透明度の高さ!

サンゴをモチーフにしたステージがあり、海水浴を楽しんだりするというよりは、

イベントに使われることが多く、撮影スポットとしても最適です。

ヨロンサンゴ祭りやヨロンマラソンなど島の様々なイベントが開催されます。

与論島へ来たら、思わず記念撮影したいと思うこと間違いなしです!

夕日も綺麗ですよ(^^♪!

茶花海岸

茶花海岸はこちら。

ウドノスビーチ

ウドノスビーチ

ウドノスビーチは、与論島へ来たら、是非行って欲しいビーチです。

町の中心部から程近く、静かでのどかな雰囲気のビーチです。

赤い屋根の見える休館中のホテル(コースタルホテル)の方へ行くと、

干潮時にしかいけない秘密の場所もあります(^_-)-☆。

波が穏やかなので、海水浴を楽しむにも安心の場所です。

サップ(SUP)などのマリンスポーツもできるし、ウミガメにも会える確率が高いところです。

若干場所がわかりづらいですが、是非行ってみてください。

ウドノスビーチはこちら。

品覇海岸

品覇海岸

品覇海岸は、広くて静かなビーチで、夕日スポットとして人気があります。

周りには何もなくて、ビーチがあるだけですが、それがまた良い。

島の人もよく散歩していて、私もよく散歩に行っていました。

ただ、風向きによって波があれることもあるので注意が必要です。

夕日はこんな感じです。

品覇海岸

品覇海岸はこちら。

宇勝海岸

宇勝海岸

宇勝海岸は、島の北側にある小さなビーチです。

普通に観光していたら通り過ぎちゃうようなところですが、

殆ど人もいなくて、ビーチを独り占めできるので、おすすめです。

また、近くには、島の小さなケーキ屋さん「ろんろなーる」がありますよ。

可愛いケーキをたくさん揃えているので是非行ってみてください。

宇勝海岸はこちら。

寺崎海岸

寺崎海岸の隣には、トゥマイビーチという小さなビーチがあって、

そこは映画「めがね」のロケ地として有名です。

ここの砂は他のビーチと違って、砂が細かいのが特徴で、白砂が美しいです。

トゥマイビーチと寺崎海岸をまとめて、「寺崎海岸」と言ってもいいでしょう。

勿論、寺崎海岸も綺麗ですが、

どちらもサンゴがあるので、怪我をしないように注意ですね。

こちらが、トゥマイビーチです。

こちらが、寺崎海岸(ティラサキ)です。

寺崎海岸

トゥマイビーチと寺崎海岸(ティラサキ)はこちら。

皆田海岸(ミナタ)

皆田海岸

皆田海岸は、目の前に「皆田離」という小さな離れ小島があり、

泳いで渡ることができます。

また、写真のように干潮時には歩いて行けることもあります。

歩いて行けるくらい潮が引くのはマレですが。。。

その日によって、全く違う色を見せてくれるのが皆田海岸です。

またマリンサービスもあり、夜の星空の美しさは息をのむほど綺麗です。

皆田海岸はこちら。

大金久海岸

与論島へ来たら、ここへ来ない人はいないでしょう。

大金久海岸は、約2㎞に渡って続く、与論島最大のビーチで、

地元では、船倉海岸、大金久海岸、シーマンズビーチと、

それぞれ呼び名が違いますが、ここでは一緒に紹介します。

大金久海岸

百合ヶ浜へ行く渡し舟やグラスボート、マリンスポーツを始め、

キャンプ場、コテージ、テニスコートなど、様々な施設も充実しています。

勿論、トイレやシャワーも完備されています。

与論島へ来て、ここへ来なかったら「何しに来たの?」ってなるでしょう。

また、百合ヶ浜は是非行ってくださいね。

大金久海岸はこちら。

赤崎海岸

赤崎海岸

赤崎海岸は、島の南東に位置し、岩場があってシュノーケリングも楽しめます。

でも、流れが速いことで知られるので、注意が必要です。

灯台もありますが、基本的に行けません。

僕は行きましたが、それなりに覚悟がいります(笑)。

昔は行けたらしいです。

赤崎海岸は、飲食店があり、トイレやシャワーもあるので、おすすめです。

近くには公園もあって、島の子供たちがよく遊んでいます。

赤崎海岸の前にある、飲食店「味咲」は、どれも美味しくておすすめです。

特に、かき氷の名前が面白くて、種類も豊富。

あなたは全て制覇できますか(笑)!?

ちなみに、こちらの名前は、「ほぼブラジル」(笑)!

赤崎海岸はこちら。

前浜海岸

前浜海岸は、与論島の南部に位置する海岸で、奥にはサンゴが隆起した岩場もあり、

シュノーケリングを楽しむには最適。

でも、あまり浅瀬はなく、流れが速いので注意が必要です。

たまに島の人が釣りをしていたりします(笑)。

前浜海岸はこちら。

兼母海岸

兼母海岸は、プリシアリゾートの前にある美しいビーチです。

リゾート施設の目の前とあって、シュノーケリングやマリンスポーツは勿論、

飲食店やエステなど様々なサービスが充実しています。

ビーチは宿泊客でなくても使えるところが、他の離島とは違うところ。

また、夕日がとても綺麗なので、是非訪れて欲しいです。

兼母海岸はこちら。

まとめ

ここまでメジャーなところではありますが、おすすめのビーチを紹介しました。

この他にも、マリンスポーツが盛んなB&Gのアイギというところや、

夕日スポットとして人気のあるメーラビビーチ、

黒花海岸、ハキビナ海岸パラダイスビーチなどなど、

与論島にはまだまだたくさんあります。

なんせ60以上あるんですから(笑)。

訪れた際は、是非自分だけのビーチを探してみてください。

最後に、今回紹介したビーチの施設を簡単にリストにしました。

ビーチ 駐車場 トイレ シャワー マリンスポーツ
茶花海岸 × ×
ウドノスビーチ ×
品覇海岸 × × × ×
宇勝海岸 × × × ×
寺崎海岸 × ×
皆田海岸 × ×
大金久海岸
赤崎海岸 ×
前浜海岸 × × ×
兼母海岸

与論島を訪れた際の参考になれば、幸いです。